採用トップ > 先輩社員の仕事 > 中四国支社 四国支店新居浜センター

先輩社員の仕事

施設とお客さまの安心・安全・快適を実現する為広い視野を持ち提案を重ねる 中四国支社四国支店新居浜センター 勤務 大西 道冶(2002年入社)
現在の仕事内容
イオンモール新居浜のモールセンター長として、館内および敷地内における安心・安全・快適の向上のため、施設管理業務を円滑に運営するとともに、他の業務請負会社の指導や経費削減への貢献に努めています。お客さまであるイオンモールの立場や目線に立った業務遂行が求められます。

お客さまと同じ立場に立って、
施設全体を見渡し、改善していく

地域の防災拠点という重要な役割を担って

「イオンモールの一従業員」という立場で施設全体を見渡し、やるべきテーマと期間を自ら設定して改善していくことが私の使命です。消防署をはじめ、場合によっては警察署・新居浜市といった官公庁の方々とも密接に連携し、市の防災拠点としての機能の確保、施設の安全性向上にも取り組んでいます。

例えば先日は、警察署や新居浜市、海上保安庁と合同で、津波の発生時を想定して保育園児をイオンモールに避難させる訓練を実施しました。警察署と実施の数か月前から打ち合わせを重ね、園児の避難誘導ルートの設定、当日の警備配置や、避難場所である屋上の会場設営準備から展示する白バイの搬入出にまで関わりました。当日は約100名の園児を実際に誘導したのち、訓練後には、官公庁側から園児たちへの講話も予定されていたため、関係各所と協力して、その準備も行いました。

モールセンター長の立場になったことで、直接お買い物にいらっしゃるお客さまだけでなく地域の皆さまと今まで以上に関わることが増えました。今回のような、お買い物を楽しんでいただくだけにとどまらない、施設の責任と地域における意義を日々実感しています。

お客さまのニーズから衛生点検・管理手法の改善を提案

各種会議や日報から施設の問題点を見つけ、改善策を提案し、その実行や効果の検証まで進めていくのが私の役割でもあります。

ある時は、各種会議での話し合いの中で、イオンモールが飲食テナントの衛生管理のレベルを今まで以上に高めたいという考えを持っていることが分かり、衛生点検・管理手法の仕組みを改善する提案を行いました。点検項目に「従業員の衛生管理」「食品の管理状況」「厨房・店内の清掃状況」などを新たに増やし、評価基準も新たに設定して全館の飲食テナントの衛生状況を一元管理できるようにしたのです。衛生状況に問題があるテナントに対しては原因を明らかにした上で改善指導できるようになり、大変喜ばれました。

「お買い物をされるお客さまに、より安心・安全・快適にご利用いただきたい」という思いは、イオンモールも当社も一緒です。これからもお客さまの立場に立って、施設全体の改善テーマを見出し、速やかに実行していきたいと思っています。

1日のスケジュール

8:30
出社
まずはメールチェックと本日の業務を確認。
8:40
朝礼、店内巡回
お客さま(イオンモール)と、昨日の事案の共有と本日の予定を確認。その後、店内を巡回し、開店前に異常がないか確認。
9:00
開店
10:00
打合せ
清掃スタッフと清掃品質のチェックを行ったり、関係者と改装やテナント入替等の打合せを行います。
12:00
昼食
13:00
後方スタッフミーティングに参加
警備・清掃・廃棄物・インフォメーションなどのスタッフと毎日行っているミーティング。各部署の業務日報をチェックし、改善点があれば伝えます。
13:40
昼礼
お客さま(イオンモール)との昼礼。先ほどの後方スタッフミーティングの内容を報告。
14:00
店長会議出席
14:30
外出
市役所・消防署と来月行う館内イベントについて打ち合わせ。
16:30
資料作成
館内ルール変更の提案書や、エネルギー使用量の分析資料を作成します。
17:30
退社

ページトップへ