採用トップ > 先輩社員の仕事 > 省エネシステム営業推進本部 省エネシステム第四営業推進部

先輩社員の仕事

エネルギーマネジメントの確立と標準化を進めお客さま、そして地球環境に貢献していきたい 省エネシステム営業推進本部 省エネシステム第四営業推進部 勤務 山崎 周(2012年入社)
現在の仕事内容
エネルギー管理支援サービス「Ad-BEMS」の導入・運用やデータ分析による最適な施策提案を進める部署に所属し、私は導入の全体管理を担当。お客さまの建物に見合ったサービス内容の構成や見積もりを作成し、受託後は現地調査、施工スケジュール調整、機器手配など工事完了まで全般を管理しています。
施設の電力消費量をリアルタイムでモニタリングして、節電・省エネ・電力コストの削減を実現するサービス

全国188店舗にAd-BEMSを一斉導入し、
電力使用量を対前年比4%削減!

入社3年目でBEMSサービス導入の全体管理を担当

入社3年目からお客さまへのBEMSサービス導入の全体管理を担い、2014年度だけで約200物件に携わりました。なかでも印象に残っているのは、全国188店舗への一斉導入案件です。当初は店舗数の半分を夏に、残り半分を冬に導入する予定だったのを、お客さまの要望で夏前に一挙にやり終えることになったのです。そのためサービスの受託決定後、現地調査から完工までのスケジュールは、わずか4ヶ月しかありませんでした。そこで業務の効率アップを重視し、作業のマニュアル化・シンプル化に取り組みました。

しかし、施工には協力会社の多くの専門技術者がかかわっており、その上、物件は全国各地に広がっていました。そのそれぞれに必要な情報と資材とを提供し、施工していかなければならず、各支社・支店・センター(営業拠点)の協力を得ながら、何とかスケジュール通りに進めていきました。

期間どおりに全店舗の施工を終えたことへの達成感

先輩や協力会社の人々に助けられる場面も多々ありましたが、予定の期間内で全店舗を完工させられた時は大きな自信になりました。特に最後の1店舗が完工した時には、それまでの苦労が脳裏によみがえり、言いようのない達成感を味わいました。

BEMSサービスの導入効果は予想以上でしたし、お客さまも1店舗あたりの電力使用量を前年よりも4%削減できるようになったと喜んでいただきました。この経験を活かして、いずれはBEMSデータの分析をもとにエネルギーの側面から施設の価値向上につながる提案をしていくのが目標です。

イオンディライトは、若手であっても様々な仕事にチャレンジできる風土があります。この恵まれた環境で、これからも“できるだけ高い目標”を自分に課したいと思っています。

1日のスケジュール

8:30
部内朝礼
前日、当日の業務内容を部内メンバーに共有。
9:00
メールチェック、今日のスケジュールチェック
9:30
BEMSの施工に関わる調整
BEMS機器構成の作成、図面作成など。必要に応じて、メーカーや施工会社との打ち合わせも行います。
11:30
昼休憩
12:30
メールチェック
13:00
部内ミーティング
担当案件で困ったことがあった場合は、部内ミーティングを開いて情報を共有し、アドバイスをもらいます。
14:00
BEMSの施工に関わる調整
15:00
BEMS工事の完了動作試験
施工完了したBEMSが構成通りに機能しているか、現地立会いのセンター員による動作試験を電話でリアルタイムに確認します。
17:00
資料整理、明日の業務の確認など
17:30
退社

ページトップへ