設備管理環境ソリューション

建物でできる省エネには様々な方法がありますが、その用途・規模・設備などによって効果的な方法は異なります。イオンディライトでは施設管理の現場で培ってきた知識とノウハウを活用し、最も効果的な省エネ・CO2排出プランをご提案します。

イオンのビルシステム

40年超にわたり施設管理に取り組んできたイオンディライトがお客さまの立場で最適なオープンシステムを構築します。各種設備の情報を収集することができるインテリジェントコントローラを用いた「イオンのビルシステム」導入により、中央監視盤の更新費用の大幅削減(低コスト化)となるとともに、設備情報の一元管理により業務効率化が図れます。また、エネルギー使用量の見える化により各機器の効率的な運用が図れるため、さらに省エネを推進することができます。

※インテリジェントコントローラー:1台で2,000ポイント以上の設備収集することができる端末機器。

照明

エリアや部屋ごとに、人感センサーを使うなど、細かく制御することにより、無駄な点灯をなくし、空調や入退室管理と連動することも可能になります。

センサー

温度、湿度、CO2、照度、圧力や煙探知、PM2.5、カメラによるサーモグラフィなど、無線方式や電池式の各センサーが自由に接続できます。

空調

既設の温度、湿度、CO2センサーを使用したり、新しく無線センサーを設置したり、エリアや部屋ごとにセンサーによるきめ細かい制御により快適な環境を作ります。

イオンのビルシステム
イオンのビルシステム

※実現可能な効果は、個々の施設により異なります。

エネルギーデータ管理サービス「Ad-TEMS」

企業全体のエネルギー使用量の一元管理と、法対応報告書作成をサポートするサービスです。
各事業所から、お客さま専用の「Ad-TEMS」ウェブサイトにログインし、毎月の電気・ガス・水道などエネルギー使用量とコストを入力するだけで、エネルギーデータの一元管理が簡単に行えます。集約データの分析は勿論、省エネ診断・省エネ提案から定期報告書作成のサポートまでを行います。

エネルギー管理支援サービス「Ad-BEMS」

BEMS(Building and Energy Management System)とは、ビルなどの建物内の電力使用状況を「監視・制御・見える化」するエネルギー管理システムのことです。イオンディライトは、中小ビルから大型店舗・施設まで幅広いお客さまを対象に、BEMS導入ソリューションを通じて、節電をはじめとする環境負荷低減への取り組みをサポートしています。

省エネ照明ソリューション

使用電力を大幅に削減できるLED照明をはじめとする、照明の省エネ化を提案しています。
イオングループの製品基準に沿った信頼性の高いLED照明を幅広くラインナップし、場所や用途に応じた最適な照明を選定することで、お客さまのCO2排出量およびコストの削減に貢献します。

イオンディライトEVサービス

イオンディライトは、グループ企業の強固な連携のもと「イオンEVプロジェクトチーム」を推進し、WAON決済に対応したEV充電器を開発しました。
EV充電器のプランニングから設計・施工、煩雑な補助金申請やアフターフォローまで、イオンディライトがトータルコーディネーターとしてきめ細かなサービスをワンストップで提供します。

関連動画

お問い合わせ